【PC備忘録】Power Pointでのアイキャッチ画像の作り方

パソコン アイキャッチ画像の作り方

A:はじめに
①Pawer pointのファイルをダブルクリック→②白紙の画面が出る→③左の方に1□と出るので、その下をカチッとクリックしてから、左上の「ホーム」から、「新しいスライド」をクリック→④その中から「白紙」を選んでクリック→⑤確定させると2□が出る→⑥「新しいスライド」→「白紙」を繰り返して、画面左に複数枚の白紙を作っておく→⑥そしたら1番の白紙に画像を入れていく。

B:画像のダウンロード(1:10~)
①ホームページを開く→②検索画面に「フォトショップAC」と打ち込む→③「フォトショップの写真素材/写真素材なら「写真AC」無料…」をクリック→④色々な写真が無料でダウンロードされる→⑤フォトショップACの会員登録をする→⑥画像検索をして(画像検索は1日5回しかできないので注意!)ダウンロードをする(※画像に関してもダウンロード数に制限がある)→⑦好きな画像をクリック→⑧画像解像度を選択する(普通は低解像度のS(640ピクセル×480ピクセル)でOK)→⑨右へマウスをスライドさせ、「ダウンロード」をクリックする→⑩画面が切り替わったら「JPEG MEDIUM」をダウンロード→⑪すると、ダウンロードした画像が画面左下に表示されるので、これを「フォルダを開く」で開く→⑫ダウンロードされたものを「切り取り(T)」で切り取って、(分かりやすいので)これをデスクトップへ貼り付けておく(もしくは、自分の分かりやすいフォルダ内でも可)→⑬ファイルを右クリックして「名前の変更」を確定させ、分かりやすいように名前を変更しておく→⑭パワーポイントの画面に戻り、左上「挿入」→「画像」→「このデバイス」をクリック→⑮自分が保存した所から画像を選び、「挿入」をクリックする→⑯パワーポイントの「白紙1」に画像が貼り付けられる。

C:画像の調整(4:40~)
①(枠に合わなかったら)画像をクリック→②〇が出るので、そこをスライドさせて調整→③画像をカチッとクリックした状態であれば、画面右上の方に「トリミング」が出るので、そこをクリックしてトリミングを行う→④枠ができるので、枠の上をクリックして、ギューっとドラッグする→⑤外側の白いボードのところで(マウスの)手を放す→⑥枠外をクリックするとトリミング完了(画像を枠内に入れることができる)。

D:画像のカスタマイズ(6:00~)
①(文字入れする際の画像が良すぎる場合)画像をクリックすると画面上部に「図の形式」というタブが出るので、そこをクリックする→②画面左側の「透明度」をクリックし、文字入れをしやすい透明度の画像をクリックする(オフィス2006にはこの機能はない)→③更に「透明度」の左どなりにある「アート効果」をクリックすれば、画像の雰囲気を変えられる(オフィス2006にはこの機能はない)→更に、その左となりにある「色」をクリックすれば、1:色の彩度、2:色のトーン、3:色の変更……ができる(オフィス2006では、図ツール・書式・「色の変更」でテーマの色は変えられる)。※これを行うと、ピンタレストに自分のアイキャッチ画像を「オリジナル画像」として登録できる。

E:画像への文字入れ(6:58~)
①画面左上の「挿入」タブから、画面中央上部の「テキストボックス」下向き三角をクリック→②すると縦書きと横書きのテキストボックスが表示されるので、今回は、横書きテキストボックスを選択する→③マウスポインタが表示されるので、どこかでカチッと押す→④そこから文字を入力することができるので、文字を入力する(その際、文字の下に赤波線が表示されていたら、英語のスペルや、言葉の言い回しなどに間違いがある可能性をPCが教えてくれる)→⑤文字の枠外をクリックし、画面上部やや左にある「ゴシック」などと表示された「書体」の下向き三角をクリックし書体を選ぶ→⑥文字の大きさは、書体の2つ右の「A‘」をクリックすれば、徐々に文字を大きくしていける→⑦途中で文字を追加したい時は、テキストボックスの後ろ(文字の終わり)をクリックすれば追加できる→⑧文字を移動させる→⑨A‘や小さいA‘や、文字の大きさが表示されている数字の下向き三角をクリックするなどして、文字の大きさを大きくしたり、小さくしたりして調整する→⑩文字の色は、A‘小さいA‘の右下にあるAの下にアンダーバーの下向き三角をクリックすることで、好きな色に変えることができる→⑪(B)テーマを押すと太文字に→⑫斜体を押すと文字が斜めになる→⑬下線(U)を押すと、文字の下にラインが引かれる→⑭Sを押すと、文字に影がつく。

F:画像の保存(9:25~)
①F12キー(私のPCではできず)か、画面左上端の「ファイル」をクリック→②「名前をつけて保存」をクリック→③自分の分かりやすい所(動画では参照ボタン)で今回はデスクトップに保存→④今回は「プレゼンテーション」で保存することになっているので、下向き三角で「JPEG(ジェイペグ=写真のこと)」に書き換える→⑤これでアイキャッチ画像ができあがり→⑥「名前を付けて保存」枠内の「保存(S)」をクリック→⑦「エクスポートするスライドを指定してください」で、1枚のスライドを保存したい時は、「このスライドのみ(J)」をクリックすると保存完了。

※エクスポート(EXPORT)「輸出」他のアプリケーションで読み込める形式に出力する作業のこと。
インポート 他のアプリケーションで作成したファイルを読み込んで利用できるようにすること。

G:PowerPointの原本について(15:25~)

次のパソコン知識の記事→ 【PC備忘録】【プラグイン無し】ブログの画像にピンタレストのボタンを自動的につける方法
前のパソコン知識の記事→ 【初心者】【フェイスリグ】【始め方】ダウンロードするまでの手順について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です